入れ歯かインプラントか?

 入れ歯よりインプラントが良い、入れ歯のほうが安全で良い、と申し上げたいのではありません。治療法を選択するのは患者さん自身であり、ご自身の満足度がそれを決める第一の要因と考えています。

 入れ歯に不具合などを感じてらっしゃる場合は、まず、歯と食事や身体との関わりをご理解いただき、その改善方法をご検討ください。

 入れ歯に代わるインプラントをお考えの場合は、そのメリット、デメリットをよくご理解いただき比較・選択の基準にしていただればと思います。

 入れ歯が合わないのでインプラントインプラントが合わないので入れ歯、という考えではなく、歯の基礎知識のコーナーをご覧いただき、「どうして?」という疑問解決の糸口にしていただければ幸いです。

歯の構造 >>
総入れ歯治療は経験か? >>
インプラント治療とは? >>

入れ歯とインプラント、比較・選択のポイント

身体への影響や治療の安全性はどうか

 インプラント治療は入れ歯と違って、顎の骨にインプラントを埋入するという外科的な処置を伴います。

満足度、よく咬めるかどうか

 入れ歯でも十分に咬めていれば、わざわざ手術をしてインプラントをする必要はありませんが、インプラントは自分の歯と同じ感覚で咬むことが出来るというのも事実です。

日常のメインテナンス性はどうか

 取り外して洗うか、自分の歯と同じように歯ブラシをするか。

費用はどうか

 入れ歯は保険での治療も可能です。使用する材料によっては自費診療になります。インプラントは全て自費診療になります。

治療期間はどのくらい必要なのか

 インプラントは顎の骨にしっかりと定着するまでの期間が必要になります。
定着の期間 下顎 2〜3ヶ月、上顎 4〜6ヶ月